ダイエットコーチ・EICOさんの著書「ダイエットの教科書」に、ディズニーランドでダイエットに成功した女性の話がありました。

ディズニーランドといえば、言わずと知れた超人気テーマパークです。
 
楽しい場所ではありますが、ダイエットとは無縁のような気がします。
 
これはいったいどういうことなのでしょうか?
 
同書の162ページを参考に、ディズニーランドでどうすればダイエットできるのかを紹介します。


ダイエットの教科書

大好きなディズニーランドで長距離ウォーキング!

EICOさんがかつて担当したある女性はデスクワークで筋力が弱く、平日に運動量を増やすのも難しい状況でした。
 
土日は家から出ない日が多く、さらには歩くのが大の苦手。
 
ダイエットするにはかなり厳しい条件が揃っているかに見えましたが、EICOさんはあることに気づきます。
 

 
なんとこの女性、休日に1万6千歩も歩いている日があったのです。
 
休みは家から出ず、しかも歩くのは苦手なはずなのに、これはどうしたことかとEICOさんが尋ねてみたところ、この女性は大のディズニーランドファンなのでした。
 
つまり歩くのは苦手でも、大好きなディズニーランドであれば歩くのは全く苦にならないわけです。
 
これを聞いたEICOさんは、年間パスポートを購入し、週末はディズニーランドで過ごすよう勧めました。
 
それ以来女性は毎週のようにディズニーランドへ行き、歩く量も大幅に増えて体重がどんどん落ちていきました。
 
このエピソードを良い例として、EICOさんはこのようにアドバイスされています。

たくさん歩くためには、歩くための筋肉をつけなくてはいけません。
 
しかし筋肉をつけることを目的に歩いても、楽しむのはなかなか難しいでしょう。
 
まずは自分が好きな場所を歩くことで、ウォーキングに慣れて下さい。
 
動物園、ショッピングモール、地下街、大型家電量販店、工場見学など、「気づいたらたくさん歩いていた」という場所から始めてみましょう。

楽しみながら続けられる、これはなかなかいいアイデアではないでしょうか?
 
参考にしてみて下さい。