MENU

生理を早く終わらせるには

女性にとって「月のもの」は大変辛い生理現象です。

 

 

五日間かそれ以上、お腹の痛みや重さ、カユミやかぶれ、気分の落ち込みなどに耐えなくてはなりません。

 

 

「早く終わってくれ〜」と憂鬱になる女性は多いはずです。

 

 

生理期間中は、ただひたすら耐えるしかないのでしょうか?

 

 

実は、生理は能動的に対策が可能です。

 

 

痛みなどの辛さを軽くするだけでなく、生理の日数も短くすることができるのです。

 

 

食べ物や習慣に気をつけ、ちょっとしたコツを知れば、生理は四日間で終わらせられます。

 

 

生理は、いわば「排せつ行為」です。

 

子宮内で使わなくなった内部組織(子宮内膜など)を経血として体外に出すデトックスとも言えるでしょう。

 

 

ということは、要はこの経血をサッと出してしまえばいいわけです。

 

 

そのためには、次のようなポイントがあります。

 

・膣を動かせるようになる
・トイレで経血を出すコツをつかむ
・経血が出る感覚をつかむ
・食事を改善して血液をサラサラにする

 

このコンテンツでは、膣を動かして経血を出すポイントについて紹介します。

 

 

昔の女性は、トイレの際に経血も一緒に出していました。

 

現在ほど生理用品の機能が高くなく、普及もしていなかったので、少しでも早く不快感を終わらせるために必死だったのです。

 

 

 

現代の女性は、あまりにも性能のいい生理用品のおかげで、経血を早く出すことを忘れてしまった、ともいえるかもしれません。

 

 

ちなみに、短いほど歓迎される生理ですが、あまりに短すぎると健康を害している可能性があり、注意が必要です。

 

 

二日ほどで終わってしまうなら、それは排卵していない(無排卵)かもしれません。

 

 

もちろん、生理が異常に長く続く場合(目安は一週間以上)も問題ありです。

 

短すぎる、長すぎる生理は体調不良のサインなので、婦人科を受診しましょう。

 

膣を動かして経血を出す

生理は子宮内部の組織を経血として出す生理現象です。

 

 

子宮が収縮して経血を排出するわけですが、この際に膣を動かして締める動作ができれば排出が促されます。

 

 

子宮自体は自分の意思では動かせないため、子宮と連動している膣を動かすのです。

 

 

膣の動かし方の一例を紹介します。

 

1 足を内またして立ち、お腹をへこませる この時は膣はリラックスしている

 

2 膣が引き上げられるイメージを持ちながら5秒かけて息を吸う

 

3 5秒かけて細く長く息を吐く 同時に膣をリラックスさせる

 

ここまでを5回くりかえす。

 

 

この動作はいわゆる「膣引き締めトレーニング」や「尿もれ体操」と共通しています。

 

 

やり方は何通りかあるので、自分に合う覚えやすい方法を見つけて、少しずつでも実行しましょう。

 

 

生理の辛さが軽くなるだけでなく、膣トレも兼ねられてお得(?)ですしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ